見出し画像

開発で使用しているツールのご紹介

こんにちは、Amazia CTOの江口です。

今日はAmaziaの開発チームで使っているツールについてご紹介したいと思います。

Slack

画像1

説明不要の定番チャットツールですね。
各種クラウドサービスとの連携が簡単にできるので、情報のハブとして活躍しています。
社内でのコミュニケーションはもちろん、最近では社外とのやりとりもSlackを使うことが増えています。
おかげでメールはほとんど使わなくなりました。

GitHub + ZenHub

ソースコードの管理はGitHubを使用しています。
ただ、GitHubのIssueはタスク管理に使うには貧弱なので可視化ツールとしてZenHubを併用するようにしています。

画像2

ZenHubはGitHubのIssueをカンバン方式で表示してくれるツールです。
Sprintの進捗状況を把握したり、次のリリースまでどのくらい工数がかかりそうかを判断するのに非常に役立っています。

Bitrise、Circle CI

画像3

iOS、AndroidのビルドツールとしてBitrise、サーバーサイドのビルドツールとしてCircle CIを使用しています。
GitHub上のレビューをトリガーとしてビルドやデプロイが実行される仕組みを構築して、無駄な手作業をなるべく減らすようにしています。

Bitriseはアプリ向けのステップが充実しているので、手軽に複雑なワークフローの構築ができるのが魅力です。機能開発にも積極的なので、今後さらに使いやすくなることを期待しています。

Figma

画像4

メインのデザインツールとしてはFigmaを使用しています。

Qiita Team

画像5

主にチーム内での情報共有ツールとして利用しています。
Slackだとどうしても情報が流れていってしまうので、後から確認したいもの、情報を残したいものを書き込む場所として使っています。

開発環境



MacBook Pro CPU Corei9 4コア 2.4GHz メモリ 32GB など ※ビルド時間短縮のためにメモリは最大のものを支給しています
27インチ 4Kディスプレイ支給
疲労を軽減し快適に作業するため、
エルゴヒューマンのチェアを全員が使用しています。


以上、弊社で開発に使用しているツールをご紹介しました。
なるべく無駄を省いて開発に集中するべく、今後も良いツールがあれば積極的に取り入れていきたいと思います。

株式会社Amaziaでは新しいメンバーを積極的に採用しています!詳しくは採用ページをご覧ください!

スキありがとうございます。
5
株式会社Amazia公式noteです。 「採用情報」や「編集部情報」などを中心に発信していきます!